未来に続く、環境住宅をテーマに、二世代、三世代と引き継がれる総合リフォームの株式会社明日家ホーム

ホーム太陽光システム・オール電化 > 太陽光システム

太陽光システム

太陽光発電は無尽蔵な太陽光を利用し、CO2の排出を抑制するクリーンな発電方式として注目されています。住宅の屋根などを利用した太陽光発電システムの設置軒数は、年々増加傾向にあり、さらに太陽光発電を採用された約8割のお客さまがオール電化を選択しています。
当社では、変換効率業界No.1のSHARPの太陽光発電システムを採用しております。
太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせは、再生可能エネルギーを最大限に活用するため、従来の住宅と比較して、CO2の排出を約56%も削減することが可能となりました。
昼間は太陽の光で発電した電気をつかい、夜は太陽に暖められた空気の熱を活用してエコキュートで効率よくお湯を沸かす。
そのうえ、おトクな料金メニュー「電化上手」を選択すれば、割安な夜間の電気を利用できます。
CO2の排出量と月々の光熱費を抑える、太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせ。あなたも人と地球に優しい暮らしを始めませんか?

環境に優しい住まい

再生可能エネルギーを最大限に活用する太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせは、快適でありながら、毎日の暮らしから排出されるCO2を大幅に削減することができます。環境に優しいエコな暮らしに、太陽光発電+オール電化住宅が選ばれる理由です。

優れた経済性

昼間は太陽の光で発電した電気を使い、余った電気は電力会社が買い取ります。
電気代が割安になる夜間は、エコキュートが空気の熱を活用して効率よくお湯を沸かします。
再生可能エネルギーを最大限に活用する太陽光発電+オール電化住宅は、ランニングコストがとってもおトクです。

よくあるご質問

  • 曇りや雨の日は電気が使えなくなるの?
  • いいえ、電気はいつでも使えます。
  • 太陽がでていれば発電しますが、曇るとあまり発電できなくなります。そういった時は、不足分の電気を電力会社から買って使います。ですから、曇っていても雨が降っていても、電気がつかえなくなることはありません。
  • 機器の寿命は?
  • 太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。
  • 表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合、寿命は20年以上と言われています。また、太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。
    「ホコリが付いて、発電能力が落ちるのでは?」との懸念もありますが、たいていの場合、汚れは雨によって自然に流れます。何年かに一度、業者に定期点検を依頼すれば安心ですね。
    なお、パワーコンディショナは10〜15年が寿命と言われているので、設置後10年に一度点検し、必要に応じて取り替えて下さい。
  • 機器の寿命は?
  • 太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。
  • 表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合、寿命は20年以上と言われています。また、太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。
    「ホコリが付いて、発電能力が落ちるのでは?」との懸念もありますが、たいていの場合、汚れは雨によって自然に流れます。何年かに一度、業者に定期点検を依頼すれば安心ですね。
    なお、パワーコンディショナは10〜15年が寿命と言われているので、設置後10年に一度点検し、必要に応じて取り替えて下さい。
  • 余った電気は売ることができるって本当?
  • はい、本当です。
  • 昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)。買い取り単価は、皆さんが電力会社に支払っている電気代とほぼ同じです。
    逆に、夜は発電することができないので、電力会社から電気を買って使います(買電)。
    電気の売り買いは自動的に行われるので、面倒なことは何もありません。
    売った分の電気代は契約者の口座に振り込まれます。「このお金が楽しみで、節電に励んでいる」というユーザーの声もたくさん聞かれます。
  • 設置に補助はないの?
  • 国や地方自治体によって様々な支援制度があります。
  • 平成20年度の補正予算にて1kWあたり7万円の設置補助制度が新たに創設されました。